2016.06.10 Friday

東京都多摩市 わくわくモーモースクール

IMG_1846.jpg

多摩市内の小学校で開催された「わくわくモーモースクール」の

様子を撮影させていただきました。

 

個人的に今「牛とおっちゃん」の写真をライフワークにしていることもあり、

酪農家さんの姿を撮影したくて、主催の関東生乳販連さんにお願いして

おじゃまさせていただきました。

 

IMG_1928.jpg

青空の下での牧場体験。子どもたち、みんな元気で可愛かったです。

 

IMG_1968.jpg

千葉県 須藤牧場のケンタさん。

子どもたちに優しく楽しく、牛の話をしています。

 

IMG_1889.jpg

八王子 磯沼牧場の杏ちゃん。

磯沼さんにはいつもお世話になっているので、

勝手に親近感・・妹のように思ってしまう^^

 

IMG_1898.jpg

子牛のふれあい担当、栃木県 体験館TRYTRYTRYの人見さん。

 

IMG_2011.jpg

子牛の哺乳体験。子牛の吸う力が強いので、

二人一組で哺乳瓶をしっかり持ってあげています。

 

 

IMG_2037.jpg

打ち合わせ中の皆さん。楽しそうでした^^

酪農家さん同士が仲良いとなんだか嬉しくなります。

 

IMG_2047.jpg

相模原市 北島牧場(町田あいす工房 ラッテ)の北島さん。

子どもたちの小さな手に手を添えて、ちち搾りを教えてあげています。

 

IMG_2076.jpg

静岡県 デンマーク牧場の伏見さん。

若い酪農家さん、素敵です!!

 

IMG_2135.jpg

お忙しそうだったのでお話しできませんでしたが、

千葉県 加茂牧場の加茂さん。

子どもたちへの接し方がプロでした

 

IMG_2318.jpg

埼玉県 吉田牧場、吉田さん。

こどもたちに楽しくお話をされています。

(ピースをしているっわけではありません^^)

 

吉田さんを見ていると、いつも本当に牛がお好きなんだろうな〜と、

そして牛を好きになってもらいたいという想いが伝わり、

こちらも思わずニコニコになります^^

 

IMG_2439.jpg

静岡県 松下牧場の松下さん。

子どもたちに、優しく、丁寧に、色んなことを教えていました。

 

IMG_2448.jpg

子どもたちはもちろん、お母さんやお父さん、

大人の方にも聞いていただきたい内容でした。

わたしもとっても勉強になりました!!

 

IMG_2493.jpg

ケンタさんの周りにはいつでも子どもたちが集まっていました^^

 

IMG_2541.jpg

教室では牧場のお仕事のお話し。

酪農家さんは、朝起きて、自分が朝食を食べるより先に牛に会いに行き、

牛にご飯をあげ、乳を搾ります。

朝の作業がすべて終わったら、っと自分たちの朝ごはんです。

 

IMG_2547.jpg

千葉県 切替牧場の切替さん。

これからミルカー体験が始まります^^

 

IMG_2643.jpg

搾乳機に指を吸われ、お母さん牛の気持ちを体感中^^

人数合わせで私も指を入れさせてもらいましたが、なかなかの吸引力!

 

ミルカーの、あのカチカチのリズムが心地良くて好きです。

 

IMG_2703.jpg

体育館では加茂さんと柿澤さんによる牛さんの食べ物のお話し。

 

IMG_2300.jpg

ふれあい体験のハーゲン君、4月13日生まれです。

 

IMG_2739.jpg

同じくふれあい体験のアイちゃん。

 

IMG_3008.jpg

全員のちち搾り体験が終わった後、搾乳機で乳を搾り切ります。

お乳が張ってむずむずして鳴いていた牛さんも、

械で乳を搾りだすとリラックス。

牛の安心して落ち着いた様子に、絆を感じます。

 

IMG_3031.jpg

たくさんの生徒が、酪農に触れ合った1日。

なにかを感じてくれたかな^^

 

IMG_3041.jpg

酪農家の皆さん、スタッフの皆さん、暑い中お疲れさまでした!

 

 

 

何度もお会いしている酪農家さんや、はじめましての酪農家さんや

たくさんの方にお会いできて嬉しかったです^^

全校生徒と保護者の皆さんを対象に

1限目は1.2年生が子牛の触れ合いとちち搾り体験..という形で

座学やバター作りもあったりと、5限目までまる一日酪農に触れ

子どもたちも、見学に来られていたお母さん方も楽しそうでした。
 
一般開放している観光牧場と違って、生産農家さんというと

なかなか消費者側からは中を見られない世界ですが

学校給食やスーパーに並ぶ牛乳・乳製品に使われたりと

自分たちの生活により深く関わってくださっています。

 

そんな酪農家さんの、こんなに素敵な笑顔を見られるのは

いち消費者として嬉しいし、ほっとします。

「牛に触れて、牛を可愛いと思ったら、牛のお肉を食べられなくなる?」

これは私もよく聞かれることですが、松下さんの、

 

「牛も豚も鶏も魚も植物だって、みんな生きている。

 かわいそうと思うと何も食べられなくなる。

 でも僕たちだって生きていかなくちゃいけない。

 だから”いただきます”を言うとき、作ってくれたお母さんにもそうだけど

 その素材となっている生き物たちにも(命を)いただきますの想いを込めて」

・・というお言葉に、心から共感です。

お皿の中はすべて生きてるものの恵みで出来ているということをいつも心に

感謝して残さずいただくことを子どもたちにも伝えていきたいと思います。

自分の息子が小学校にいる間に、わくわくモーモースクールに来てもらいたいな。

この素晴らしい活動をずっと続けていっていただきたい。

その為にも、たくさん牛乳や乳製品を買って、酪農家さんを応援していきたいなと思います。

 

 

 

☆わくわくモーモースクールの活動をもっと知りたい方は下記ページもご覧ください

関東生乳販連ホームページ

地域交流牧場全国連絡会

 

 

<< 【6/1牛乳の日】 牛写真 展示のお知らせ (大阪) | main | 東京都 磯沼牧場 >>

categories
profile



SNS

link_fb.jpg
link_twi.jpg
Ranking

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
New entries
archives
mobile
qrcode
search
Books


2009年1月 牛写真集
「うしのひとりごと」発売


links
others

▲TOP